沖島ならではの料理「氷魚(ひうお)の釜揚げ丼」

氷魚(ひうお)という魚をご存知でしょうか?

氷魚とは鮎の稚魚のことで、その名の通り魚体が透明で透き通っており氷のように見える魚です。

氷魚は琵琶湖では12月から3月頃までしか獲れない冬限定の魚です。

魚体が比較的小さく痛むのが早いため通常は佃煮などに調理し日持ちを良くさせるのですが、沖島のように獲ってからすぐ食べられるような環境では別の調理法でも食べることができます。

それが「氷魚の釜揚げ」です。

こちらがその料理です
hiuokamaage
釜揚げというと通常はしらすを思い浮かべる方が多いかと思いますが、沖島では氷魚を釜揚げにして食べます。

そしてこの釜揚げした氷魚をご飯の上にかけて食べるのが「氷魚の釜揚げ丼」です。
hiuokamaagedon

氷魚の上から醤油やポン酢などをかけて食べると美味しいです。
(若干すじえびも混ざっています。)

「氷魚の釜揚げ丼」は沖島ならではの料理です。

味もさっぱりとしていて、氷魚の味を楽しむことができます。

氷魚佃煮の購入はこちら


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment