ブログ

2019年5月NHKのニュース シブ5時でえび豆やふなずしが紹介されました

NHKで放送されている情報番組ニュース シブ5時の2019年5月の放送にて滋賀県の郷土料理えび豆やふなずしが紹介されました。

滋賀県内のスーパーではえび豆やふなずしが売られているといったことが紹介されました。

近江八幡名物の赤こんにゃくも多くのスーパーで売られています。

番組ではえび豆の材料であるスジエビ漁が盛んな沖島も紹介されました。

沖島では豆の代わりに大根をすじえびと一緒に炊く料理も紹介されました。

番組では江戸時代に敦賀港から湖北地域にサバを串で刺して焼いた刺し鯖というものが入ってきており5月頃の忙しい農家に贈ったという話が紹介され

昔は農家に嫁いだ女性に実家から刺しサバが贈られたという話も紹介されました。

そのように入ってくるサバを使った滋賀の郷土料理としてサバそうめんが紹介されていました。

沖島では同じく海の魚鯛を使ったそうめんである鯛そうめんも昔から食べられています。

えび豆の購入はこちら

ふなずしの購入はこちら

鮒ずしのご飯を商品に追加致しました

鮒ずしを漬けた時のご飯のみを注文できるよう商品に追加致しました。

1キログラム単位で注文が可能となっております。

是非ご利用下さい。

↓鮒ずしのご飯のご注文はこちらからどうぞ
鮒ずしのご飯 1キログラム

鮒ずしポテトチップスと鮒寿司を両方同時に食べてみた

この記事でも紹介した鮒ずし味のポテトチップス(カルビーさん製)を手に入れました!

そこでせっかくなので本物の鮒寿司と一緒に食べてみることにしました。

鮒ずしポテトチップス

鮒ずしポテチのパッケージには全面に滋賀県のシンボルでもある琵琶湖のシルエットが配置されており一目で滋賀県のものとわかるようになっています。
(沖島は文字で隠れてる!?)

その下には鮒ずしの写真が配置されています。

キャッフィー

何やら滋賀県のイメージキャラクターのキャッフィーなるイラストも描かれています。

冨田屋のマスコット「とみネーコ」や沖島非公認キャラクター「おきしマス」と並ぶ有名キャラクターになるんでしょうか?

鮒ずしポテチ背面

鮒ずしポテチの背面はこのようになっています。

背面2

背面に興味深い文字を発見!?

「鮒由来の小骨がまれに残っていることがありますので、ご注意ください。」

これは本物のニゴロブナを使用しているのか!?

味と匂いに期待が持てます。

早速開封!

鮒ずしポテチ中身

中身は普通のポテトチップスと変わりがないように見えます。

匂いは?… クンクン

あまり匂ってはきません。控えめに作ってあるようです。

そして本物の鮒ずしを用意します。

鮒ずし

こちらは結構強烈な匂いがします!
期待通りの匂い!

鮒ずしとポテチを並べてみました

鮒ずしとポテチ

まずは鮒ずしポテトチップスを食べてみます。

!?

美味い!

少し酸味が効いているポテトチップスという感じです。

これなら鮒ずしを食べたことのない人でも美味しく食べられるでしょう。

そして次に本物の鮒ずしも食べてみます。

!!!

強烈な酸味と鮒ずし独特の匂いと味!
こちらも美味しいです!(個人差大アリ)

鮒ずしポテチ on 鮒ずし

鮒ずしのポテトチップスに鮒ずしをのせて食べるという食べ方もしてみました!

これも美味しい!

というわけで鮒ずしのポテトチップス、鮒ずし両者とも美味しく頂きました

鮒ずしの購入はこちら

あの臭いをわざと再現!?カルビーさんが鮒ずし味のポテトチップスを発売

カルビーさんは全都道府県を代表する味のポテトチップスを開発、販売しているそうですが滋賀県のポテトチップスとして鮒ずし味を作るそうです。

ふなずしが持つ独特の発酵した匂いや酸味も再現するとのことです。

三日月大造滋賀県知事も鮒寿司味のポテトチップスを試食し、滋賀県職員もの飴煮味やえび豆味等の候補の中から鮒ずし味を選出するのを手伝ったということです。

滋賀県には近江牛等他にも候補がある中、鮒ずしが選ばれたのはやはり独特の臭いと味を持っているからかもしれません。

開発にも苦労し、試作は通常商品の倍程にあたる60回にもなったそうです。

鮒ずし味のポテトチップスは2017年11月13日から関西のコンビニ等で1袋120円の予定で販売を開始し、販売終了は12月頃になる見通しとのことです。

箱付きの商品には残暑見舞いののしを付けることが出来ます

残暑が厳しい日々が続いていますね。

冨田屋では箱付きの商品にはのしを付けることが出来ます。

残暑見舞いののしを付けることも出来ます。

是非ご利用下さい。